アーム型LEDライトの製作
   ホームページ  トップページ  次ページ  最終ページ
  1/3

超高輝度白色LEDを使ったアーム型LEDライトの製作を紹介します。
なお、使用したLEDはいわゆるパワーLEDではなく、超高輝度といわれるものの若干輝度が低い砲弾型LEDを使用しています。

1.特徴

製作したアーム型LEDライトの特徴は、
 ・白色LEDと黄白色LEDを混在させて、暖かみのある色にしています。
 ・ボリュームで調光(明るさを調整)できます。
 ・電源にDC12VのACアダプタを使っています。
 ・伸縮可能なアームで位置調節ができます(前後と上下のみ、左右の調整幅は少ない)。

LEDは、白色と黄白色を混在させています。好みにもよるでしょうが、白色LEDは少し青白い色なので暖かみを増すために黄白色LEDを混合させました。ちなみに、黄白色LEDだけでは黄色が強すぎるようです(使用したOSM54K5111Aの場合)。
アーム部分はL型アルミアングルを使って製作しています。横方向に屈伸する構造ということもあり、スプリングでバランスを取るでもないので、アームを伸ばすほど揺れやすいという問題はあります。


2.外観

写真のように、アームは横方向に折れて屈伸する形状にしています。
写真は、電源コードを固定する前の状態で、最終的に電源コードはアームに沿って固定されます。
クランプの部分は“マイクロクランプ”というものを2つ使用していて、25mm以下のものであれば挟んで固定することができます。マイクロクランプについては後ほど説明します。
このアーム型LEDライトは、机より高い位置で、机の前あるいは横の棚板などに取り付けることを想定しています。机そのものに取り付けても、アームは立ち上がらないので使用することはできません。

アーム型LED照明(裏側) アーム型LED照明(表側)
裏側 表側

3.内部

内部は下の写真のようになっています。
スイッチとボリュームは、L型アルミアングルを使ったサブパネルを設けて、ケース内部で固定しています。写真では見えませんが、LEDはt2.0×10×138mmのアルミ板に接着剤で固定しています。
LED周辺の白い部分は、スチロール樹脂(いわゆるプラバン)で作った反射板で、後ほど説明します。

制御基板実装部 LED実装部(照明部)

ホームページ  トップページ  次ページ  最終ページ

■■■ 注 意 ■■■
1.ここに掲載された内容(写真,図,表などを含む)の、全てまたは一部を無断で使用しないでください。
2.ここで紹介した手法(構造や仕組み,回路,プログラムなどを含む)を使用したことにより、問題や不利益が発生したとしても一切関知しません。
Copyright © 2012-2017 S.Suzuki, All rights reserved.